看護学生にオススメ!科目ごとに使いやすいファイルのまとめ方

「授業でもらったプリントがかさばって整理が大変」なんて思っている看護学生もいるのではないでしょうか?

看護学生の授業はプリントを使って行うものも多く、扱いに困っている学生も少なくありません。

放ったらかしにてしまいテスト前に慌ててプリントを探した経験がある人もいると思います。

今回は、看護学生にオススメする科目ごとに使いやすいファイルのまとめ方についてお伝えします。

看護学校の授業はプリントが多い

講義を担当する先生によって異なりますが、レジュメなどプリントを活用して授業を進めていくこともあります。

授業ごとに毎回プリントが配布され、気がつけばカバンの中身がプリントだらけ…なんて経験をした学生もいるのではないでしょうか?

講義の内容がプリントにまとめられているのは便利ですが、取り扱いに困ってしまいますよね。

プリントの管理が大変に感じる看護学生も多い

授業で使用するプリントの枚数が増えていき、プリントの整理や管理が大変だと感じる看護学生も多いです。

科目ごとに違うプリントが配られるため、教科書に挟んでいたら無くしてしまったなんてことも。

私が看護学生の頃もプリントが多く、毎回整理するのが大変でした。

看護学生にオススメするファイルのまとめ方

授業で使用するプリントは、使いやすくキレイに整理しておきたいですよね。

ここでは、看護学生にオススメするファイルのまとめ方についてお伝えします。

クリアファイルとインデックスシールを準備する

準備するものは、クリアファイルとインデックスシールです。

どちらも100円均一で手に入るものであり、中身が見えるので整理しやすいです。

A4サイズのクリアファイルを準備したら、クリアファイルの上部に科目を書いたインデックスシールを貼っておきます。

ファイルの中にプリントを入れておくことで、科目ごとに収納できるだけでなく、使わないときにもサッと取り出せるので便利です。

ルーズリーフorメモパッドが使いやすい

授業中はノートを取りますが、一緒にファイリングできるようにルーズリーフかA4サイズのメモパッドを使うとキレイに収納できます。

授業によってはノート1冊を消費しきれないことも多いため、ルーズリーフなどを活用することがオススメです。

量が多い場合はペーパーファイルを活用する

プリントの量が多く、クリアファイルに収納しきれない場合は、穴あけパンチで穴を開けてペーパーファイルを活用するのがオススメです。

ペーパーファイルは軽量なので持ち運びにも便利です。

ファイルが2穴になっているので、ルーズリーフも一緒に閉じることができます。

私が看護学生時代にやっていたクリアファイルの工夫

私も看護学生時代には先ほど紹介したクリアファイルを活用して収納していましたが、さらに工夫していたアイディアを紹介します。

マスキングテープを活用する

マスキングテープにマジックで文字を書いてクリアファイルに貼っておくことで、本棚に収納したときに分かりやすいよう工夫をしていました。

例えば、提出物がある科目の場合は提出期限の日にちを書いて、クリアファイルの上部に貼り付けておきます。

付箋でも代用できますが、折れてしまったり破れることもあるので、丈夫なマスキングテープを活用するのがオススメです。

付箋と組み合わせて使う

科目によってはレポートの提出やテストなどがあるので、忘れないよう付箋に記入してクリアファイルの表面に貼っておきます。

この時のポイントとして、付箋の粘着面を表にして書き込みクリアファイルに貼り付けることです。

クリアファイルの外側に貼り付けてしまうと剥がれてしまうため、内側から貼り付けておくことがオススメ。

授業に持っていくときにオススメのアイテム

科目ごとに必要なクリアファイルを用意しておくことで、授業があるときにファイルを持っていくだけで済みます。

ファイルが何個も必要になるとかさばってしまうため、ファイルケースを活用するとスムーズに持ち運びができます

ファイルケースにまとめておく

A4サイズのファイルケースに必要なクリアファイルを全て入れておくことで、クリアファイルからプリントが出てしまうのを防ぐことができます。

また、カバンの中で飲み物が溢れたときにもプリントを守ることができるので、クリアファイルを確実に持ち運びたい人にはオススメのアイテムです。

授業のプリントは保管しておくべき?

看護学生の授業でもらったプリントは、テストが終わったら処分してしまう人もいるかもしれません。

授業のプリントの保管に困っている人もいるのではないでしょうか?

看護師になるまでは残しておく方が安心

テストが終わればプリントは必要ないと思われがちですが、意外に実習中の勉強で見直すこともあります。

看護師として働き始めてからは、看護師としての勉強が優先になるので学生時代のプリントを見返すことは少ないです。

プリントの処分は人によって意見がありますが、看護師になるまでは残しておく方が安心でしょう。

捨てる前にデータ化するのもオススメ

プリントだけが増えて整理したいと考えている人は、スキャナーを使ってデータ化しておくこともオススメです。

データ化しておくことで必要な時にファイルとして見ることができます。

ただし、データ化するにも時間がかかるため計画的に行うことが必要です。

充実した看護学校生活を送るために

看護学校の授業はプリントを活用して進めていくことも多いです。

授業で使用したプリントからテストの内容が出ることもあるため、しっかり保管しておきましょう。

プリントを無くして探している時間があれば、もっと他の勉強に当てることができますよね。

授業でもらうプリントの整理に困っている看護学生は、今回紹介した方法で整理してみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です