家を出る前にチェック!国家試験当日に必要な持ち物リスト

国家試験は緊張して頭が真っ白!という人も多いと思います。

緊張して実力が発揮できなかった、つい忘れ物をしてしまったという失敗もつきもの。

大切な国家試験の当日は、失敗せずに合格を掴み取りたいものです。

今回は、家を出る前にチェックしたい!国家試験当日に必要な持ち物リストを紹介します。

数日前から準備しておくことが大切

国家試験の準備が必要だと分かっていて後回しにしてしまう人もいるのではないでしょうか?

気がつけば前日になり、慌てて準備をするという人も。

慌てて準備をしてしまうと試験会場に着いた時に忘れ物に気づくこともあるのです。

前日からホテルに宿泊する人は、忘れ物を取りに帰ることも難しいため、念入りに準備をしておくことが大切です。

国家試験の準備は1週間前から取り組むようにしましょう。

持ち物チェックリスト(必需品)

国家試験当日に忘れ物に慌てないためにも、持ち物チェックリストを見ていきましょう。

受験票

受験票がなければ試験が受けられません。

受験票を持ったか、しっかり確認しておきましょう。

受験者留意事項

受験票と一緒にもらう受験者留意事項です。

試験についての留意事項が記入されてあるので、本番までにしっかり読んでおきましょう。

時計

試験会場には時計がないところもあり、また会場が広く時計が見えないこともあります。

時計がわりに携帯電話や電卓機能つきの時計の使用は認められていないため、アナログ時計を使うようにしましょう。

普段からアナログの腕時計を使用する習慣をつけておくと安心です。

時計は秒針がある見やすいものを選ぶと使いやすいです。

携帯電話

携帯電話は、万が一の連絡手段になるのでしっかり充電しておきましょう。

試験中は電源をオフにしなければならないため、電源オフのやり方を確認しておくと慌てません

中には、電源をオフにしていてもアラームがなってしまうものもあるので、アラームなどが鳴らないように設定しておくことが大切です。

試験会場までの案内図

会場までの行き方は携帯で調べる人もいると思います。

何かあった時のために、試験会場の住所や電話番号も手帳などに控えておくと安心です。

財布

昼食代や電車賃などの必要なお金だけでなく、タクシー代などもあれば安心です。

いつもより余裕を持って準備しておきましょう。

電車のICカード

当日は駅の改札が混雑することも予想されるので、ICカードがあればスムーズに電車に乗ることができます。

筆記用具

鉛筆はHBのものを4〜5本、消しゴム、持ち歩き用の鉛筆削りを持っていきましょう。

消しゴムは2個あると安心です。

また、定規を入れておくとマークーシートを確認するのに便利です。

ボールペン

受験票に間違いがある場合などは訂正が必要になります。

鉛筆ではなくボールペンで訂正する必要があるので、ボールペンも持っていきましょう。

今流行りの消えるボールペンではなく、油性ボールペンを準備しておくのがオススメです。

昼食や飲み物

当日は休憩時間に買いに出る時間もないので、準備しておくことがオススメです。

あまり食べすぎると午後から眠くなってしまうので、おにぎりや菓子パンなどを持っていきましょう。

チョコレートやアメなどを食べて糖分補給も大切です。

ハンカチ、ティッシュ

ハンカチとティッシュはバッグに忍ばせておきましょう。

使い捨てカイロやひざ掛け

試験当日は2月の中旬であり、会場の温度調節が難しいため使い捨てカイロやひざ掛けがあると便利です。

ひざ掛けを持っていくと荷物になるので、大判のマフラーをひざ掛けがわりに使うのもオススメ。

使い捨てカイロは腰あたりに貼っておくと寒さ対策になります。

参考書

今まで頑張って勉強してきたノートや参考書は、自分に自信をつけてくれるアイテムです。

参考書は、今まで使い込んできたものを持っていきましょう。

不安だからといって新しい問題を解いてしまうと余計に不安になってしまいます。

ビニール袋

お昼ご飯やお菓子を食べたゴミなどを入れるときに便利です。

会場にはゴミ箱が設置されていないところが多く、ゴミは自分で持ち帰る必要があるのでビニール袋があると安心です。

折りたたみ傘

当日は急に天気が変わったりすることもあるので、折りたたみ傘があると安心です。

会場は狭いことが多いので、小さい折りたたみ傘の方が荷物にならないのでオススメ。

常備薬

頭痛薬など常備薬がある人は、忘れずに持っておきましょう。

当日は緊張などもあり、何が起こるかわからないので備えておくことが大切です。

(生理用品)

女子にとって必需品ですが、生理中の人はもちろん、予定がない人も持っておくと安心です。

緊張や精神的な変化で急に生理になってしまったという人も。

あって良かったもの

マスク

2月はまだまだ寒さも厳しく、風邪も流行っているのでマスクがあると安心です。

防寒対策にも風邪予防にもなります。

試験中は、顔を確認するためマスクを外すように言われることがありますので、会場内では取る必要があります。

チョコレートやアメ

試験に集中するためには糖分も必要です。

一口サイズのチョコレートやアメで糖分を補給をすることで試験に集中することができます。

イヤホンと音楽プレーヤー

いつもと違う試験会場の雰囲気に緊張してしまい、集中できないことも多いです。

実力を発揮するためには、ある程度リラックスをして試験に挑むことも大切です。

自分の好きな音楽を聴いて気持ちを落ち着け環境を整えることも必要なので、イヤホンがあると便利です。

温かい飲み物

会場に入るまでは外で待つことが多いので、マグボトルに暖かいお茶を入れておくと防寒対策にもなります。

暖かい飲み物を飲むことで気持ちも少し落ち着きますよね。

お守り

試験に合格するためにもらったお守りなども身につけておくと心強いです。

お守りがあるとやる気にもつながります。

合格するという気持ちが大切

国家試験に必要な準備物は色々とありますが、大切なのは気持ちです。

「合格できたら良い」ではなく「絶対合格する!」という強い気持ちが大切です。

自分を信じて強い気持ちを持つことで、良い結果につながります。

国家試験当日の持ち物を確認したい人は、今回紹介した家を出る前にチェックしたい!国家試験当日に必要な持ち物リストの内容を参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です