【周手術期】術後に起こる術後腸閉塞(イレウス)の根拠と看護目標・計画

手術を受けた患者さんは、全身麻酔の影響で様々な体の変化が見られます。

術後48〜72時間は、生理的腸管麻痺の状態が見られ、腸の動きが鈍くなります。

上記の時間を経過しても腸管の動きが回復しない場合は、術後イレウスが疑われます。

術後イレウスになってしまうと治療の遅延が起こってしまうため、早期発見と予防が大切になります。

今回は、術後に起こる術後腸閉塞(イレウス)の根拠と看護目標・計画についてお伝えします。

術後のイレウスは大きく分けて2種類

イレウスは、大きく分けて機械的イレウス機能的イレウス2種類があります。

機械的イレウス

機械的イレウスは、腸管の器質的な変化によって起こるものです。

絞扼性(複雑性)イレウスと単純性(閉塞性)イレウスに分類されます。

  • 絞扼性イレウス:腸管の血行障害を伴う
  • 単純性イレウス:血行障害を伴わない

機能的イレウス

機能的イレウスは、腸管に器質的な変化がなく、腸管壁を支配する神経や筋の異常によるものです。

痙攣性イレウスと麻痺性イレウスに分類されます。

  • 痙攣性イレウス:腸管の痙攣によるもの
  • 麻痺性イレウス:腸管運動の低下によるもの

術後に見られるイレウス

イレウスは細かく4つの分類がありますが、術後に見られるイレウスは以下の3つです。

  • 単純性イレウス
  • 絞扼性イレウス
  • 麻痺性イレウス
これらのイレウスは、開腹手術などが原因で引き起こされる可能性が高いものです。

単純性イレウスと麻痺性イレウスは、術後1ヶ月以内に癒着が原因で起こるものが大部分です。

特に、機械的イレウスである単純性イレウスと絞扼性イレウスは、緊急性も高く重要になります。
それぞれのイレウスについて細かく見て行きましょう。

絞扼性イレウス

絞扼性イレウスは、腸管の血行障害を伴い悪化すると腸管の壊死が見られます。

絞扼性イレウスの原因

絞扼性イレウスの原因としては、開腹手術後の癒着や炎症産物による絞扼が最も高いものになります。

その他の原因としては、腸管の軸捻転や腸重積やヘルニア嵌頓なども挙げられます。

絞扼性イレウスの症状

絞扼性イレウスの症状は以下の通りです。

絞扼性イレウスの症状
  • 激しい腹痛
  • 腹部膨満感
  • 嘔気
  • 嘔吐
  • 排ガスの停止
  • 排便の停止
  • 腸管が壊死してる場合は腸音の低下
  • 血行障害による腹膜刺激症状

単純性イレウス

単純性イレウスは、腸管の器質的な変化によって起こるもので、血行障害を伴わないイレウスになります。

単純性イレウスの原因

単純性イレウスの原因として最も多いものが、開腹手術後の腸管癒着です。

その他の原因としては、鎖肛や十二指腸閉塞などの先天的疾患、胆石、糞石、大腸ガンの病変などが挙げられます。

単純性イレウスの症状

単純性イレウスの症状は以下の通りです。

単純性イレウスの症状
  • 周期的な疝痛
  • 腹部膨満感
  • 嘔気
  • 嘔吐
  • 排ガスの停止
  • 排便の停止
  • 金属音の腸音の聴診
  • 腸蠕動音は亢進

麻痺性イレウス

麻痺性イレウスは、腸管運動の低下によって起こるものです。

麻痺性イレウスの原因

麻痺性イレウスの原因は、開腹手術後や脳梗塞による長期臥床時にもよく見られます。

そのほかの原因としては、膵炎、胆嚢炎、虫垂炎などの腹膜炎による炎症の波及や、外傷による腹腔内出血によっても起こります。

麻痺性イレウスの症状

麻痺性イレウスの症状は以下の通りです。

麻痺性イレウスの症状
  • 持続的な痛み
  • 腹部膨満感
  • 嘔気
  • 嘔吐
  • 排ガスの停止
  • 排便の停止
  • 腸蠕動の減弱・消失

痙攣性イレウス

痙攣性イレウスは、腸管が強く痙攣性に収縮し腸内容の輸送が障害される状態です。

痙攣性イレウスの原因

痙攣性イレウスは、胆石発作いや腎結石による疼痛、外傷の刺激などの神経性因子や薬物中毒の時にも起こります。

痙攣性イレウスの症状

痙攣性イレウスの症状は以下の通りです。

麻痺性イレウスの症状
  • 痛み
  • 腹部膨満感
  • 嘔気
  • 嘔吐
  • 排ガスの停止
  • 排便の停止

術後イレウスの症状が見られたら?

術後イレウスの症状が見られたら、保存的治療が行われます。

  • 絶飲食
  • 胃・腸管内吸引による減圧
  • 水分・電解質の喪失に対する輸液療法
  • 絶飲食による低タンパク血症改善のための中心静脈栄養
中でも、胃・腸管内の減圧をはかるためにイレウス管を挿入して治療を行うことが多いです。

イレウス管は通過障害を改善する目的

イレウス管は、チューブの先端にバルーンが付いており、胃・腸管内で留置できるようになっています。

イレウス管はトライツ靱帯を超えるまで挿入し、バルーンを膨らませ固定します。

その後、チューブから腸管の閉塞部位より上部の腸管内容物を低持続吸引を行い、腸管の浮腫や通過障害を改善します。

術後イレウスは予防がポイント

術後イレウスは、生理的腸管麻痺の回復状態や術後イレウスの兆候をモニタリングしながら、腸蠕動促進のための援助がポイントになります。

術後イレウスの中には、生理的腸管麻痺とは別に、長期間臥床により引き起こされるものもあるので、早期離床などの援助が必要になります。

具体的な援助内容としては、起立性低血圧を考慮しながら日常生活動作の拡大を行うことです。

早期離床を促すことにより、腸の血液循環を促進し、イレウスを予防します。

術後イレウスの看護目標

術後イレウスの看護目標の一例を見てみましょう。

長期目標
術後イレウスの兆候が見られず、退院できる
短期目標
  • 術後1日目以降に腸蠕動音が聴診できる
  • 術後イレウスの症状が見られない
  • 早期離床の必要性が理解でき、実施できる
  • 便意の訴え、排便が見られる

術後のイレウスの看護計画

O-P(観察項目)

①現在の状況についてのアセスメント

  • 腸蠕動音
  • 腹部膨満感
  • 排ガスの有無
  • 脱水の有無
  • 嘔気・嘔吐
  • 腹部痛の訴え
  • 排便の有無
  • 離床状況

②イレウスの症状についてのアセスメント

  • 血液検査データ
  • 腹部X線の初見
  • 嘔吐物の内容
  • 腹痛の程度や種類

T-P(援助項目)

①腹部状態の観察を行う

  • 腸蠕動音の聴診
  • 術後の排ガスの確認
  • 疼痛の有無

②早期離床を促す

  • 座位から車椅子移乗など少しずつ拡大していく
  • 付き添いでトイレ歩行の実施

③排ガス確認後の排便困難時の対応

  • 下剤の内服
  • 3日以上排便が見られない場合は浣腸を実施

E-P(患者教育項目)

  • 手術後に排ガスが見られたら看護師に伝えるよう声をかける。
  • 腹痛や腹部症状があれば我慢せずに、すぐに看護師に伝えるよう指導する。
  • 早期離床の必要性を指導する

看護計画のポイント

術後イレウスは長期間の臥床によって引き起こされることが多いので、術後は早期離床の援助がポイントになります。

術後は創部の疼痛により離床が進まないことも多いので、早期離床の必要性を理解してもらい、少しずつ活動の拡大を行うことが大切です。

早期離床とともに規則正しい排便習慣が保てるよう下剤を内服するなどのケアも必要になります。

また、術後の排ガス確認と腸蠕動音の聴診もしっかり観察するようにしましょう。

術後イレウスを理解するために

全身麻酔の手術を受けた患者さんの体には、様々な変化が見られます。

麻酔薬の影響で生理的腸管麻痺が起こるため、術後はできるだけ早く元の活動状態に戻す援助が必要になります。

術後イレウスを起こしてしまうと、治癒遅延の原因にもなってしまうため、予防の援助が大切です。

術後は疼痛により離床が進まないことも多いので、患者さんに早期離床と術後イレウスの関係を説明できるようにしておきましょう。

周手術期の勉強にオススメ

周手術期の実習では、普段の実習よりボリュームも多く大変に感じている人も多いと思います。

特に、術後の観察は重要なポイントになるので、実習の指導のメインになります。

この参考書では、周手術期に必要な看護ケアや観察ポイントが詳しく紹介されています。

ケアの方法なども写真で紹介されているので、分かりやすく、周手術期の実習に活用できる1冊です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です