看護学生の就職活動はいつから始める?就職活動スケジュールとアドバイス

看護学生の中には「就職活動はいつから始めれば良いの?」と疑問に思っている人もいるのではないでしょうか?

看護学生は一般的な就職活動よりも決まりやすいので楽と思われがちですが、時間との勝負になります。

3回生になると実習の合間に就職活動が入るため、時間的に余裕がなく、かなりハードなスケジュールになります。

今回は、これから就職活動を控える看護学生に向けて就職活動のスケジュールとアドバイスをお伝えします。

看護学生の就職活動は計画が重要

看護学生の多くは病院が就職先になりますが、病院の数も多く選ぶのが大変ですよね。

看護学生の就職活動は限られた時間の中でこなさなければならないため、計画が重要になります。

なんとなく周りが就活を始めたから取り掛かろうかな」なんて思っていたら失敗してしまうかもしれません。

就職活動を始める前にしっかり計画を立てておきましょう。

3回生は実習と国家試験で時間がない

専門学校の3回生は実習と国家試験の勉強に追われるため、時間に余裕がありません。

秋以降は国家試験が間近になり、精神的にも余裕がなくなり辛いと感じる人もいます。

出来れば秋までに就職先が決まり内定を貰っている状態で、国家試験の勉強に集中したいですよね。

事前に計画を立てておくことで、精神的にも余裕を持って過ごすことができますよ!

病院の採用試験は4月以降から始まっている

病院の新卒採用試験は4月以降から開始しているところもあります。

早い人であれば、5月あたりに採用試験を受け、夏には内定を貰っている状態です。

採用試験の日程は病院によって異なる

採用試験を実施するスケジュールは病院によって異なります。

多くの病院は年に数回ほど新卒採用試験を実施しており、自分の予定に合わせて受験することができます。

病院によっては年に1回しか実施していないところもあるので、事前に病院のホームページなどでチェックしておきましょう。

夏休みを利用して受験する学生が多い

3回生になると平日は全て実習、土日は国家試験の勉強に追われてしまうため、夏休みを利用して採用試験を受ける人が多いです。

夏休みと言ってもお盆休みを含む1週間ほどですが、この時期に採用試験を実施している病院も多く見られます。

複数の病院を受験する予定がある人は、それぞれのスケジュールをチェックしておきましょう。

看護学生の就職活動スケジュール

ここでは具体的に、看護学生の就職活動のスケジュールについて見ていきましょう。

  • 4月〜6月
    情報収集
    インターンシップ、病院見学に参加して情報収集を行う
    入社試験の勉強と対策、願書の提出
  • 7月〜9月
    採用試験
    病院見学会への参加や採用試験の受験
  • 10〜12月
    内定通知
    採用試験の受験や内定通知 

就職活動を控える看護学生へのアドバイス

初めての就職活動で不安もあると思いますが、失敗しないためのアドバイスをお伝えします。

病院選びは情報収集をしっかり行う

看護学生の就職活動で一番悩む部分として「病院選び」です。

どの病院が良いのか?何を基準に選べば良いのか?など分からないことばかりですが、情報収集をしっかり行うことが重要です。

分からないからこそ情報を集めてしっかり分析し、判断することが大切です。

情報収集を行う方法としては、病院のホームページや先輩の話などがありますが、実際に現場を見ることが一番の情報となります。

インターンシップや病院見学に積極的に参加し、現場の雰囲気を感じ、比較しながら選ぶことがポイントです。

積極的に病院見学やインターンシップに参加する

実習や勉強に追われてて時間に限りがありますが、積極的に病院見学やインターンシップに参加しましょう。

病院見学などは土日の休日に行なっている病院も多く、学生が参加しやすいようになっています。

先ほども触れましたが、実際に現場の雰囲気を感じることで得られる情報もあります。

希望している病院には必ず足を運ぶことが大切です。

小論文対策は余裕を持って取り組む

病院の採用試験には小論文が必須となっているところもあります。

小論文を書くのが苦手な学生は、余裕を持って取り組むことがオススメです。

実際の試験では試験時間も設けられているので、時間内に決められた文字数を書く練習をしておくことが必要になります。

すぐに書けるようになる訳ではないので、日々の積み重ねが大切です。

また、小論文対策と合わせて、医療を題材にしたニュースなどの情報も調べておくと面接対策にもなります。

小論文対策にオススメの参考書

小論文はただ書くのではなく、書き方や表現方法などコツがあります。

就職試験で不合格にならないためにも、小論文対策をしっかりしておきましょう。

ここでは、小論文対策に使える2冊の参考書を紹介します。

看護医療系小論文

この参考書は採用面接などで課せられる「医療テーマ」の小論文の書き方や解説が詳しく載っています。

入試問題の解答例も2パターン紹介されているので、具体的なイメージを持って取り組むことができます。

医療系小論文のテーマと要点が一目で分かり、小論文が苦手な人でも読みやすい内容となっています。

全試験対応!直前でも一発合格!落とされない小論文

この参考書は小論文の減点の対象となるポイントが明記されているので、ミスをしない書き方を学ぶことができます。

小論文の基本の書き方から、ミスの原因、そしてミスを改善するためのポイントまで紹介されています。

すぐに実践できるスキルが満載なので、小論文の基本から勉強したいと考えている人にオススメ。

忙しい看護学生が効率的に就職活動を進めるために

看護学生は実習や勉強に忙しい合間に就職活動を行わなければなりません。

就職活動に失敗しないためには、計画的に進めていくことが重要

病院見学やインターンシップ、先輩の声などを参考にして効率的に情報収集を進めていくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です