看護学生の就職先選びの決め手とは?失敗しない病院選びのコツ

そろそろ就職先を決めなければならない、と悩んでいる看護学生もいると思います。

病院といってもたくさんあるので、どこを選んで良いのか分からないですよね。

でも、実習先のように怖い看護師がいない働きやすい病院に就職したいと考えている学生も多いはず。

今回は、看護学生の失敗しない就職先の病院選びについてお伝えします。

看護学生の90%以上が卒業後は病院に就職

看護学生の中には卒業後は病院ではなく、施設で働きたいと考えている人もいるかもしれません。

看護学生の90%以上は病院に就職して、看護師として働き出す人が多いのが現状です。

看護師として成長するためには、看護技術を身につける必要があるので病院での経験が必要になってきます。

看護学校の中には、付属の病院にそのまま就職する場合もありますが、自分で病院を選んで就職試験を受ける学生も多いです。

就職先選びでチェックしておきたいポイント

就職先を選ぶときは、自分に合った職場を選びたいですよね。

特に病棟の雰囲気や教育体制が気になる人も多いと思います。

就職先選びに失敗しないためにも、病院選びのポイントを見ていきましょう。

自分が学びたい分野があるか

病院を選ぶ上で大切になるポイントとして、自分の学びたい分野があるかどうかです。

学生の中には、急性期に興味がある、小児科を勉強したいという目標があると思います。

目標が決められず、とりあえず総合病院や大学病院の大きいところに行けば安心と考えている人もいるかもしれません。

なんとなくなどの理由で病院を選んでしまうと、就職してから続けられなくなってしまうこともあるので、自分が学びたい、興味がある分野を決めておきましょう。

教育制度が整っているか

就職してから、すぐに看護師として働けるわけではありません。

看護師として経験を積んで、現場で働けるようになるためには教育体制が重要になります。

教育体制の中にはプリセプター制度や研修の有無など、病院によって制度の内容が異なるため、しっかり確認しておくことが大切です。

規模が小さい病院では教育体制が整っていないこともあるので、事前にチェックしておきましょう。

勤務体制

病棟勤務では日勤と夜勤がありますが、病院によって2交代や3交代などの勤務体制に違いがあります。

最近では2交代をメインにしている病院も増えてきているので、自分にあった勤務体制かどうか確認しておきましょう。

2交代は日勤が8:30-17:00、夜勤が16:00-9:00の勤務になります。

また、3交代は日勤が8:30-17:00、準夜勤が16:00-0:00、深夜勤が0:00-9:00の勤務になります。

新卒看護師の離職率はどうか

就職先の病院の離職率が気になるという人も多いと思います。

看護師の離職理由は結婚や引っ越し、出産などの様々な理由があるので、一概に職場環境の悪さとは言えません。

しかし、新卒看護師の離職率が高い病院は、教育体制に問題があったりすることも考えられます。

離職率だけで決めてしまうのではなく、離職率も参考にして考えることも大切です。

就職先の病院の決め手は?

実際に就職先を決めた看護学生に、就職先の”決め手”について聞いてみました。

決め手は急性期と勤務場所

実習で急性期に興味を持ったので、急性期が経験できる病院を選びました。

自宅から通いたいと考えていたいたこともあり、最初に自宅から通える範囲の病院を探して、その後に急性期が経験できる病院を調べました。

自宅から通える病院は限られていたので、実際に病院見学に行って質問をして、雰囲気を見て決めました。

決め手は、病院の雰囲気や教育体制などを見て、自分が目指す看護師になれると思ったからです。

直接職場を見て、雰囲気を知ってから決めることができたので良かったです。

(21歳・看護学生)

職場の雰囲気が自分に合っていた

病院選びは何を基準にして良いか分かりませんでした。

とりあえず病棟で働きたいと考えていて…でも忙しい職場じゃなくて慢性期でゆっくり働きたいと思っていました。

実習の時は怖い看護師も多くて、職場の人間関係が不安でした。

学校から勧められた病院に見学に行き、職場を見せてもらい、雰囲気が自分に合っていると思って決めました。

決め手は雰囲気ですが、勤務体制や離職率、教育体制などもチェックした上で決めました。

(20歳・看護学生)

自分に合った就職先を見つけるために

就職先選びは大変ですが、看護学生より看護師として過ごす期間の方が長いため、慎重に選ぶことが大切になります。

就職先を探す時は、必ず病院見学を行い自分の目で確かめて、比べることが必要になります。

就職してから失敗したと思っても手遅れになってしまうので、事前にチェックをしっかり行い自分に合った就職先を見つけることが重要です。

面接対策にオススメ

就職先を決めても、就職試験を受けなければなりません。

就職試験は面接と小論文が課せられているので、しっかり対策をして臨まなければなりません。

せっかく自分に合う就職先を見つけても、病院が採用してくれなければ意味がありません。

この参考書では、就職試験に必要になる面接対策について詳しく紹介されています。

よく聞かれる質問や答え方、マナーなどが紹介されているので、これから就職試験を控えている人にオススメの1冊です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です