技術演習が苦手な看護学生も多い!技術演習を克服するための3つのアドバイス

看護学生の中には、授業で行われる技術演習が苦手に感じている人もいるのではないでしょうか?

技術演習は臨地実習に出る前に必要な授業になりますが、思うように実践できず悩む人もいると思います。

クラスの友人がテキパキしている姿を見て「自分は看護師に向いていないのかも」と落ち込む人もいるかもしれません。

技術は練習と経験を積んで身につくものなので、看護師として働いている人の中にも最初から完璧な人は少ないです。

今回は、技術演習が苦手な看護学生に向けて、技術演習を克服するための3つのアドバイスをお伝えします。

技術演習の授業が苦手な看護学生も多い

看護学校では座学だけではなく看護技術の演習の授業がありますが、演習では思うように動けず苦手に感じている学生も多いです。

また、技術演習にはテストがあり、テストに合格できなければ単位を取れず留年してしまうこともあります。

技術演習は実習前に必要な授業

基礎看護実習で必要になる基本的な技術を身につけるために、技術演習の授業が行われます。

そのため、技術演習のテストに合格できなければ基礎看護実習に参加できない、などの条件が設けられている学校もあります。

技術演習が苦手に感じる理由とは?

技術演習が苦手に感じている看護学生も多いですが、苦手に感じる理由について見てきましょう。

予習しているのに頭に入らず思うように出来ない

技術演習の授業では、実際に演習を行う前に技術の基本を座学で学び、手順書などを作成して予習を行うことが多いです。

技術の手順や流れなどを事前に予習して取り組みますが、いざ実演してみると頭に入っておらず思うように出来ないと悩む人もいます。

事前に勉強しているのに、実践で活かすことが出来ないのは辛いですよね。

頭では分かっているのに実践できない

演習で行う技術のポイントや手順、流れなどを頭では分かっているのに、実践できず悩む人も少なくありません。

頭では理解していても身体が付いてこないので、「なぜ出来ないのか」と悩んでしまいますよね。

グループのメンバーに迷惑をかけてしまっている

技術演習はグループで行うことが基本となっているので、手際が悪いとメンバーに迷惑をかけてしまいますよね。

清拭が上手くできず冷感を与えてしまったり、練習とは分かっていても迷惑をかけてしまうことでメンバーとの関係が悪くなってしまうのではと不安になる人もいます。

テキパキと動くことができない

グループのメンバーがテキパキと演習をこなしている姿を見ると、自分の姿と比べてしまいますよね。

頭では分かっているのにテキパキと動くことが出来ず、人と比べてしまい落ち込む学生も多いようです。

このように、技術演習が苦手に感じている学生も多く「どうやったら克服できるのか」と悩む人も少なくありません。

看護学生が技術演習を克服するための3つのアドバイス

ここでは、看護学生が技術演習を克服するための3つのアドバイスについて紹介します。

実践する前に頭の中でシュミレーションを繰り返す

演習で思い通りに動けるようになるためには、頭の中でしっかり理解しておくことが大切になります。

技術の流れやポイントを頭の中でシュミレーションを繰り返すことで、演習で活かすことができます。

シュミレーションを行うポイントとしては、細かく具体的にイメージすることです。

白い紙に細かく手順を書き出して確認する

頭で理解していても実際に動けない人もいると思いますが、理解しきれていない部分があることが考えられます。

白い紙に何も見ない状態で細かく書き出すことで、どこまで理解しているかを確認することができます。

覚えていると思っても意外に抜けてしまっている部分もあるので、抜けている部分を重点的に覚えるようにすることで理解度が深まります。

理解できているか不安な人は、何も見ない状態で完璧に書けるようになるまで繰り返しましょう。

自主練習は1人ではなくペアで行い客観的な視線も持つ

技術演習は実際に練習が必要になりますが、練習は1人ではなくペアで行い、お互いにアドバイスをし合うことがオススメです。

1人で練習するより客観的な視点を持つことで、1人では気づけない部分を知ることができます。

また、演習が上手いメンバーの行動を観察して「なぜ上手いのか」を知り、取り入れる事で上達の近道にも繋がります。

私も学生時代は、上手い人の演習を見て真似をして練習していました。

技術演習は練習を重ねることで慣れる

技術演習が慣れず不安に感じている人もいると思いますが、練習を重ねる事で慣れ、実習でも実践できるようになります。

実習前に不安があるときは自主練習を繰り返す

基礎実習では実際の患者さんにケアを行うので、緊張や不安もあると思います。

演習でしっかり出来ていれば、実習のケアでも失敗なく実践することができるので、実習前に不安があるときは自主練習を重ねて自信に繋げましょう。

技術演習で自信を持つために

技術演習は慣れない事も多いので、緊張や不安も大きく苦手に感じる人も多いと思います。

実習では実際の患者さんにケアを提供するため、技術演習でしっかり基礎を身につけておくことが大切です。

技術演習を克服するためには練習を重ねる努力が必要になりますが、練習した分だけ自信に繋がります。

基礎がしっかり身についていれば実習でも困ることは少ないので、練習を重ねてしっかり身につけておきましょう。

技術演習の勉強にオススメ

看護技術は、正しい手順と根拠を理解して行うことが大切になります。

基礎知識を身につけておくことで患者さんの安全と安楽にも繋がるだけでなく、自分の自信にも繋がります。

この参考書では、技術演習で行われる基礎看護技術の手順が写真で分かりやすく紹介されているので看護学生にオススメです。

写真で説明されているのでイメージしやすく、実際の演習でも活かせる知識を身につけることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です