看護学生が実習中の睡眠時間を確保するための3つのコツ

実習中は記録や勉強に追われてしまい、全然寝れなくて辛いと感じている人も多いのではないでしょうか?

実習中は記録や勉強だけでなく、緊張感やストレスが邪魔をしてゆっくり休息が取れないですよね。

実習期間中の朝はスッキリ起きれないと悩む学生も多いと思います。

今回は、看護学生が実習中の睡眠時間を確保するための3つのコツについてお伝えします。

実習中の睡眠不足に悩む学生は多い

実習期間中は記録や勉強に追われてしまうため、全然眠れないと感じている学生も多いです。

日中は実習をこなし、帰宅したら記録に勉強、次の日の準備…気がついたら朝になっていた!なんて経験をした人も多いのでは?

睡眠不足が続いてしまうと集中出来ないと感じたり、モチベーションが保てなくなってしまいますよね。

集中力や注意力が足りず、些細なミスを重ねてしまい落ち込んでしまうことも。
実習は大変とは分かっていても、しっかり睡眠は確保したいものです。

実習中に睡眠時間するための3つのコツ

実習中は眠れないほど忙しく、精神的にも身体的にもツライと感じている学生は多いと思います。

実習中に睡眠時間を確保するための3つのコツを見ていきましょう。

実習前にやるべきことを挙げておく

実習期間中はバタバタと忙しく、時間にも気持ちにも余裕が持てません

実習前に実習についてのオリエンテーションを受けると思いますが、その時に大まかな流れについて案内があるはずです。

例えば、「実習3日目の朝にアセスメントを提出」「実習5日目にチームカンファレンス予定」などのスケジュールが書かれていると思います。

実習前に、やるべきことをリストアップしておくと準備すべき内容が把握できます。

実習3日目にアセスメントの提出が予定されているのであれば、初日から情報収集をしっかり行うことで2日目にはアセスメントを完成させることができます。

このように先のことを見据えて逆算しながら、リストアップしていきます。

1日のスケジュールをしっかり立てる

実習期間中は、実習中だけでなくプライベートでも時間の管理が重要になります。

実習で疲れたから記録は家に帰ってから適当にやろう、と考えている学生もいるはず。

だらだらと記録を進めても終わりが見えず、そのまま眠れずに朝を迎えてしまうのです。

まずは、分単位で実習期間中のスケジュールを立てておくことが大切です。

スケジュールの例
  • 7:00〜7:45    【通学】
  • 7:45〜8:20    【準備】
  • 8:30〜18:00  【実習】
  • 18:30〜19:15【帰宅】
  • 19:20〜20:20【夕食・入浴】
  • 20:20〜21:20【実習記録】
  • 21:30〜22:00【課題】
  • 22:10〜23:00【アセスメントレポート作成】
  • 23:30〜6:00  【就寝】
このように細かくスケジュールを決めておくことで、効率よく記録やレポートを進めることができます

記録に取り掛かる時はタイマーをかけておくと、時間内に書けるようになります。

このスケジュールは実習内容にもよって変わってくるので、実習の昼食時に立てると進めやすいです。

事前学習を活用する

看護学生の中には、実習中のアセスメントの勉強が大変で眠れない人もいると思います。

実習中は時間が限られているので、教科書の1ページ目から勉強をしている時間はありません。

アセスメントに必要な視点や観察項目、病態生理学などの基本知識は、事前学習でしっかりまとめておきましょう。

事前学習がしっかり出来ていれば、その知識を活用することで実習をスムーズに進めることができます。

実習中の睡眠時間を確保するためには、事前学習の内容や充実度がポイントになります。

実習中の睡眠時間を確保するポイント

実習中は常に時間に追われて、余裕がない人も多いと思います。

忙しい実習中にもしっかり睡眠をとるためには、睡眠時間を考えたスケジュールを立てることが大切です。

睡眠不足の状態では体調不良や集中力が続かず、実習に影響が出てしまうことも。

体調不良や睡眠不足は、実習のせいではなく自己管理不足と指摘されてしまうため、しっかり睡眠をとって実習に望むようにしましょう。

実習中の疲れが取れない時は?

実習中はストレスや緊張感が常に続いている状態なので、寝る時間があっても疲れが取れていないと感じる人も多いです。

しっかり寝たはずなのに朝起きれず眠気が続く、夜中に何度も目が覚めてしまうこんな経験をした人もいると思います。

せっかく睡眠時間を確保できても、しっかり眠れないのはしんどいですよね。

疲れる実習だからこそ、良質な睡眠を確保したいと考えている人は多いはず。

忙しい実習中の看護学生にオススメ




  • 寝る前に飲むだけ
  • 睡眠ではなくサプリメント
  • L-テアニンで寝起きの疲労感や眠気を改善
  • 毎日続けることで睡眠状態の改善が期待できる
良質な睡眠をとるためには、ストレスの解消や睡眠環境を整えるなどが必要ですが、実習中は実習のストレスからは逃れられませんよね。

実習期間中に良質な睡眠をとるためには、爽眠αというサプリメントがオススメです。

爽眠αは睡眠薬ではなく、起床時の疲労感や眠気を軽減してくれ、スッキリ起きれるサポートをしてくれるサプリメントです。

クワンソウや大麦ギャバなどが配合されているので、眠りの質を向上させることが期待できます。

飲んで寝るだけで睡眠改善ができる

睡眠薬と違って入眠作用のものは入っていないので、倦怠感や眠気もなくスッキリ起きることができます。

寝る1時間前に4粒を飲んで眠るだけなので、忙しい実習中でも続けられます。

睡眠改善の理由は、爽眠αに含まれているL-テアニンであり、起床時の疲労感や眠気を軽減してくれる優れものです。

毎日飲み続けることで睡眠を改善に導いてくれるので、続けることが大切です。

「爽眠α」の申し込み方法

爽眠αは、公式ホームページから申し込みができます。

睡眠サポートサプリ【爽眠α】

定期コースで申し込みを行うと、初回限定で7日分が500円でお試しできます。

単品で購入すると5700円かかってしまうので、少量でお試しができるのは安心ですよね。

定期コースで申し込みをすると、月々3980円で続けられるので単品購入よりお得です。

支払い方法は4種類

支払い方法は、クレジットカード・銀行・コンビニ・郵便局の4種類から選ぶことができるので、クレジットカードを持っていなくても安心です。

実習を乗り越えるために

実習期間中は、緊張やストレスでしっかり休めないと悩む人も多いと思います。

体調を崩さないためにも、しっかり睡眠をとることが大切です。

寝ているけど寝た気がしない、身体に疲れが残ってしんどいと感じる人は、睡眠環境を見直すことも必要です。

実習を乗り越えるためには、体調と体力が必要になるので、しっかり休息をとるように心がけましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です