お湯の温度は50度以上が適温!全身清拭の根拠と注意点について

全身清拭は、全身の皮膚の清潔を保つために必要な看護ケアの一つです。

入院している患者さんは、自分で清潔な状態を保つことができないことでストレスを感じている人も多いです。

ベッド上で行う全身清拭は看護師も患者さんも負担が大きいですが、手早く正しい手順で行うことがポイントになります。

実習で実施する時は、お湯の温度と拭く順番に気をつけることでスムーズに実施できますよ!

今回は、全身清拭の根拠と手順、注意点について見ていきましょう。

全身清拭の目的

  • 全身の皮膚・粘膜の表面に付着している垢や汚れ、汗を取り除いて清潔にするとともに、感染を予防する。

全身清拭が必要になる理由

  • 安静臥床を必要とし、入浴・シャワー浴ができない場合

全身清拭を行う際の留意点

  • プライバシーの保護に努める
  • お湯の扱いに気をつける
  • ウォッシュクロスが冷めないように注意する

全身清拭のアセスメントと観察項目

全身状態

バイタルサイン、呼吸状態、

症状

安静度

どの程度動けるのか

手術または創部の状態

創部からの出血の有無、ドレーンの有無

治療・処置による制約

皮膚の状態

発汗や皮脂の汚れの有無

排泄物・分泌物による汚染

バルーン挿入の有無など

全身清拭の必要物品

  • バスタオル2枚
  • ウォッシュクロス2枚
  • フェイスタオル2枚
  • ベースン2個(石けん用とすすぎ用)
  • ピッチャー2個(1つは調整用の水を入れておく)
  • バケツ2個(湯と汚水用)
  • 石けん
  • 湯温計
  • 防水シーツ
  • 新しい寝衣
  • (陰部洗浄用物品)
  • 陰部洗浄用ボトル
  • ガーゼ
  • 手袋
  • エプロン
  • 便器(必要に応じて)

全身清拭の手順

全身清拭+陰部洗浄を行う場合

1.患者に全身清拭の説明を行い同意を得る。

ポイント
全身清拭は時間もかかり疲労度が高いので、体調などを十分に把握して部分清拭などに切り替えることも大切です。

2.必要があれば実施前にバイタルサインを測定する。

ポイント
全身状態が悪い患者さんの場合は、パルスオキシメータを装着してSpO2を確認しながら実施します。

3.物品を揃え、湯は50〜55度のものを準備しておき、ピッチャーに温度調整用の水を入れておく。

根拠
ウォッシュクロスの温度は下がりやすいため、できるだけ温度の高い湯(50〜55度)を準備しておきます。

4.病室のカーテンなどを閉めてプライバシーの保護に努める。

根拠
全身清拭の場合は、気化熱(身体についた水分が蒸発するときに周囲の熱を奪ってしまうこと)が大きく時間もかかってしまうため、冷感を感じやすいためです。

5.洗面器に湯を入れてウォッシュクロスをゆすいで絞る。ウォッシュクロスの温度は40度前後にする

根拠
ウォッシュクロスは温度が下がりやすく、50度以上の湯にゆすいでも皮膚に当てるときは40度前後になるためです。45度以上になると温度感覚により痛覚が生じるので、40度前後で拭くようにしましょう。
ポイント
45度のお湯で絞った場合は、ウォッシュクロスの温度は40度以下になるため、冷感を感じてしまいます。

6.患者に綿毛布をかけ、綿毛布の下で脱衣する。

根拠
患者さんに寒気を感じさせないためです。

ウォッシュクロスの扱い

7.清拭する部位をバスタオルで覆い、絞ったウォッシュクロスに石けんを泡立てて皮膚を拭く。

8.ウォッシュクロスの石けんを落とすときは、石けん用のベースンでゆすぎ、すすぎ用のベースンで絞ったウォッシュクロスで2〜3回清拭を行い、石けん成分を落とす。

ポイント
清拭を行うときは、筋肉の走行を考えながら静脈血の還流を促進させるように、末梢から中枢に向かって拭いていきます。

9.ベースン内の湯は汚れ具合、冷め具合を確認して適宜取り替える。

清拭の実施

10.フェイスタオルを首元にかけておき、目→額→頬→鼻→口→顎→耳→首の順番で拭いていく。

根拠
拭く順番の基本は、顔・首→上肢→胸部→腹部→下肢→背中→陰部です。

11.拭き終わったら乾いたフェイスタオルで水分を拭き取る。

上肢

12.左上肢から始め、手指→前腕→上腕→肩→腋窩の順番で拭く。

ポイント
バスタオルは肩を覆うようにかけ、下から腕を包むようにします。腋窩はアポクリン汗腺が存在し、分泌物が細菌によって分解され臭気を発するため、しっかりと拭きます。

13.肘関節や上腕を支持しながら拭くとともに上肢の可動域も観察する。

前胸部と腹部

14.バスタオルを横に広げて胸部を覆うようにし、バスタオルを上げて前胸部を清拭する。

15.乳房の形に沿って拭き、側腹部と腹部を拭く。

ポイント
腹部は腸の走行を考慮しながら時計回りに拭きます。

下肢

16.ウォッシュクロスをすすぎ、綿毛布は肩まで全身を覆い、バスタオルを縦に広げて下肢全体を包む。

17.左下肢から始め、足→下腿→大腿の順番で拭いていく。

18.膝関節や下腿を支持しながら下肢の可動性を観察しながら拭く。

背中・臀部

19.患者に看護師の方を背になるように側臥位になってもらい、体の下にバスタオルを挟み込み露出と濡れを防ぐ。

ポイント
体位変換のときに血圧低下や頻脈などのバイタルサインの変化が生じやすいので観察を行いながら実施しましょう。

20.湯につけて絞っておいたフェイスタオルを2枚に折ってから背中に当てて、バスタオルをかける。

ポイント
温めたフェイスタオルを背中に当ててバスタオルをかけて蒸すことで身体全体が温まり、心地よさを感じてもらうことができます。

21.背部→肩→腰部→脇→臀部の順番に拭いていく。

22.肛門周囲はゴム手袋を着用して、ガーゼに石けんを泡立てたもので拭き、ペーパータオルやガーゼで拭き取る。

23.側臥位の状態で着替えの寝衣の袖を通し、背中に広げて仰臥位なってもらい袖を通す

24.乾いたバスタオルを胸部にかけ、タオルケットは膝の位置まで下げておく。

陰部洗浄

25.膝を立てて、両下肢を少し開いてもらい、臀部の下に防水シーツを敷き込む。

26.オムツをしている場合は尿取りバッド内で、パンツを着用している場合は尿器を差し込む。

27.エプロンと手袋を着用して、鼠蹊部にガーゼやタオルを当てておき、陰部洗浄用のボトルで陰部に湯をかける。

ポイント
湯が冷めてしまっている場合があるので、あらかじめ少し熱めの湯を準備して、湯温を確認してから洗浄を行いましょう。

28.湯で濡らしたガーゼに石けんを泡立てて恥骨部から鼠蹊部、肛門部にかけて広範囲に洗浄する。

29.女性の場合:恥骨部、鼠蹊部を洗い、大陰唇を十分に開いて洗う。尿道口→小陰唇→膣→肛門部の順番で前から後ろへ一方通行で洗っていく。

根拠
肛門部から尿道周辺部への大腸菌を含む細菌感染を阻止するためです。

29.男性の場合:亀頭部、包皮の内側、陰茎、陰嚢も洗う。

ポイント
特に陰嚢の裏側は蒸れやすく掻痒感が生じやすいためしっかりと洗いましょう。

30.湯で十分に洗い流し乾いたガーゼなどで水分を拭き取る。

31.尿器の場合は取り外し、尿パッドの場合は使用したものを取り替えて廃棄する。

32.手袋を外し、衣服を整え、必要があればバイタルサインを測定する。

全身清拭のアドバイス

全身清拭は、清潔を保持するためには必要なケアになりますが、時間もかかるため患者さんの疲労度も大きくなります。

ウォッシュクロスは冷めやすいので、温度と冷感に注意しながらケアを行うことが大切になります。

また、不要な露出は避け、プライバシーに配慮しながら進めることが必要です。

失敗した例

  • 清拭に時間がかかってしまいウォッシュクロスが冷たくなってしまっていた。
  • 時間がかかってしまったので患者さんを疲れさせてしまった。
  • 室温の調整ができておらず冷感を与えてしまった。

全身清拭では、全身の衣服を脱いで行うため、冷感を感じさせないように保温を行うことが大切です。

特に夏場はクーラーが効いていることもあるので、実施時にはクーラーを切っておくなどの調整が必要です。

まとめ

全身清拭は、安静臥床が必要な患者さんや入浴ができない場合に行われるケアです。

特に術後などは感染を予防するために、清潔ケアを行うことが重要になります。

患者さんの体調に合わせて適切なケアを行うことが大切です。

看護技術を勉強したい人にオススメの参考書

看護技術は実習でも必要になるので、基本をしっかり身につけておくことが大切です。

この参考書では写真で動作が説明されているので、イメージがしやすく分かりやすいです。

実習で必要になる基礎看護技術が網羅されているので、実習にも活用できる1冊です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です