高齢者の口腔ケアの手順とスポンジブラシの活用方法について

口腔ケアは、口の中をキレイに保つことで爽快感や感染予防を行うケアの一つです。

高齢者や寝たきりの患者さんの場合は、口腔ケアにも介助が必要になります。

通常であれば歯ブラシを使って行いますが、スポンジブラシやガーゼなどのアイテムを使用して行うこともあります。

口腔ケアは看護の中でも基本の技術となるので、手順とポイントを理解しておくことで実習でも活用することができますよ!

今回は、高齢者の口腔ケアの手順とスポンジブラシの活用方法について紹介します。

口腔ケアの目的

  • 口腔内を清潔に保つことで口臭を軽減させ、自浄作用の活性化を促し感染予防を図るため

口腔ケアが必要になる理由

  • 自力で口腔内を清潔にするための行動が取れない場合
  • 障害などにより口腔内の清潔行動ができない場合

口腔ケアを行う際の留意点

  • うがいを行う時に誤嚥に注意する
  • 指を噛まれないよう声かけを行いながら実施する

口腔ケアのアセスメントと観察項目

セルフケア能力

口腔ケアの必要性の認識、実施状況、安静度、意識レベル、認知レベル

口腔内の状態

清潔と湿潤の状態、歯・歯肉・粘膜・舌の異変など、義歯によるトラブルの有無

治療・処置

経管栄養チューブの挿入、口腔に影響を及ぼす治療や処置の有無など

全身状態

栄養状態、出血傾向、易感染状態、感染、発熱、浮腫、脱水、呼吸、循環状態など

苦痛・不安

口腔ケアに対する患者の不安や苦痛の有無

口腔ケアの必要物品

  • 歯ブラシ
  • 吸い飲み
  • 微温湯200ml(38〜40度)
  • 歯磨き粉
  • ガーグルベースン
  • タオル
  • ガーゼや綿棒
  • 膿盆
  • ペンライト
  • 舌圧子
  • ゴム手袋
  • マスク
  • (必要時)
  • バイトブロック
  • 保湿剤
  • スポンジブラシ
ポイント
易出血状態や炎症、腫脹などの場合は、歯ブラシではなくスポンジブラシを使用します。

口腔ケアの手順

1.患者に口腔ケアを行うことを説明し、同意を得る

2.ベッド上で行う場合は、座位やファーラー位、セミファーラー位を保持する。仰臥位で実施する場合は、顔を横に向ける。

ポイント
仰臥位で上を向いたまま実施すると誤嚥を起こしてしまうため、できる限り上体を起こした状態で実施します。

3.看護師は手袋とマスク、エプロンを着用する

4.微温湯を口角から口に含ませ、口腔内をすすいでガーグルベースンに吐き出してもらう。吐き出せない場合は、ガーゼや綿棒で拭ったり吸引をしたりする

根拠
吸い飲みの口を口角部分から差し入れることで、湯が頬粘膜を伝って口腔内に入るため蒸せこみが少ないです。

5.歯ブラシを濡らし、歯磨き粉をつけてブラッシングを行う

ポイント
歯ブラシは歯に対して直角に当ててブラッシングを行いましょう。

歯の溝の上や歯と歯肉の境目、歯間に磨き残しが多いので注意しながら行います。

6.口腔内を2、3回すすぎ、口腔内をペンライトで観察する

7.口周囲を温タオルや濡らしたガーゼで拭き、体位を元に戻す

スポンジブラシを使用する場合

1.スポンジブラシを準備して、水やイソジンなどの含嗽水に浸して軽く絞る

2.下の歯の外側の奥から手前に拭き取る感覚でなぞっていく

3.歯の内側、上の外側、内側をそれぞれ拭き取る感覚でなぞって汚れを除去する

舌苔を除去する場合

1.スポンジブラシを横向きにして、くるくるを回しながら舌の奥から手前へ動かす

2.左右に動かしながら、舌の奥から手前に動かし舌苔を除去する

ポイント
舌苔を除去する場合は、舌ブラシなどの口腔ケアアイテムもあります。

ガーゼを使用する場合

1.滅菌ガーゼを準備して、人差し指と中指に巻きつける

2.水やイソジンなどの含嗽水に浸して軽く絞る

3.ガーゼを巻いた指を口の中に入れ、歯を拭うようになぞって汚れを除去する

4.頬の内側やあご、舌も拭き取って汚れを除去する

口腔ケアのアドバイス

口の中の汚れは口臭などの原因になるので、健康な人でも気になってしまいますよね。

セルフケアができない患者さんは、気になっているけど自分で出来ない人も多いです。
感染や口の中の不快感を解消するためにも、モーニングケアや食事前後、寝る前に口腔ケアを行いましょう。

失敗した例

  • 嚥下障害がある患者さんでうがいをする時に誤嚥してしまった。
  • 指にガーゼを巻きつけて実施していたら患者さんに噛まれてしまった。
  • なかなか口を開けてもらえず口腔ケアができなかった。

患者さんの中には嚥下障害などの障害を抱えた人もいるので、誤嚥を起こさないように気をつけて実施することが大切です。

うまく吐き出せない場合は、吸引器を使って吸引することもあるので、吸引ができる準備も整えておきましょう。

また、指で実施する時は噛まれてしまうこともあるので、声かけを行いながら実施しましょう。

実習で口腔ケアを実施した時は…

自分で歯磨きができる患者さんであっても磨き残しや舌苔などが残っていることも多いので、ペンライトを使ってチェックしていました。

また、寝たきりの患者さんの場合は、口腔内が乾燥しやすいため口腔ケア用品の購入を家族に勧めたり、一緒に口腔ケアを実施する関わりを行なっていました。

特に在宅に戻る予定がある患者さんの場合は、自宅でも口腔ケアが必要になるので、家族への指導も計画に入れていました。

まとめ

口腔ケアを行うことで口臭の軽減や爽快感を与えるだけでなく、食事を美味しく摂ることにもつながります。

口の中の汚れは気になってるけど言い出せない患者さんも多いはずです。

特に、寝たきりの患者さんや高齢者の場合は、家族が気にしていることが多いので家族を巻き込んでケアを行うことも看護ケアの方法です。

口腔ケアは患者さんの方法に合わせてスポンジブラシなどを活用して実施しましょう。

口腔ケアを勉強したい人にオススメの参考書

口腔ケアは看護ケアの基本の一つであり、病院だけでなく施設など様々な場所で必要になる技術です。

ただ口の中をキレイにするのではなく、肺炎予防など根拠を持って看護ケアを行うことが看護師には求められます。

この参考書では、口腔ケアの手順や肺炎予防の根拠などが分かりやすく紹介されています。

イラストや写真がたくさん載っているので絵本のような感覚で勉強することができますよ!

明日から実習で使える技術や知識を身に付けることができるので、学生さんにオススメの1冊です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です